協議離婚とは

夫婦間の合意により婚姻を解消することです。

最寄りの市区村長に離婚届を提出すれば成立します。

 

なお、離婚の約90%は協議離婚です。

協議離婚の流れ

1.夫婦間の話し合い

まずは夫婦間で話し合いをします。

感情的になって「お金はいらないからとにかく別れたい」などと言わず、冷静に必要な事柄を決めていきましょう。

 

《離婚前に決めておくべきこと》

  1. 子どもの親権者の決定
  2. 子どもの養育費の額及び支払い方法
  3. 子どもの面接交渉権
  4. 子どもの戸籍と姓
  5. 慰謝料の額及び支払い方法
  6. 財産分与の方法
  7. その他必要な事項

 

2.離婚届の準備

話し合いを終えたら離婚届を準備します。

なお、離婚届には成人2名の署名押印が必要です。

心当たりがあれば早めにお願いしてもよいでしょう。

 

3.離婚届の提出

離婚届に必要事項を記入したら役所に提出します。

離婚届を提出できる役所は夫婦の本籍地か、離婚届を出す時点での夫婦のいずれかの所在地の市町村役場です。

 

なお、離婚届は持参しても、郵送しても、第三者が提出しても構いません。

 

4.離婚前には必ず離婚公正証書の作成を

協議離婚をするときにはそ合意内容を文書にしましょう。

口約束だけでは「言った言わない」の水掛け論になることも多いからです。

 

離婚公正証書の詳細はこちらをご覧ください。